糖代謝異常

糖尿病は全身に対して影響を及ぼす

糖尿病は代謝異常の病気です。
インスリンというホルモンが不足する、若しくは細胞に作用しにくくなる、という状態です。
インスリンが不足したり細胞にうまく取り込まれない状態が継続すれば、血液の中にブドウ糖があふれます。
血液の状態が悪くなるのですから、その症状は全身に作用してしまうのです。

糖尿病のダメージは臓器、神経など様々なところ、全身に作用してしまいます。
特に腎臓・神経症・網膜症などの病気は三大合併症と呼ばれています。
この他、糖尿になると体の抵抗力、免疫力が弱くなってしまうので風邪をひきやすくなったり、感染しやすくなるという事もあるのです。

糖尿病は血管の病気と認識されることも多いです。
血糖値が高い状態が継続すると、臍動脈・毛細血管など細かく小さい血管の障害が全身至るところで起ります。
このような状態を糖尿病性細小血管障害と呼ばれますが、非常に糖尿の特徴的病変といわれています。
高血糖となっている人の多くに肥満状態、高脂血症や高血圧を抱えている人が多く、この場合、大きな血管にも関係してくるため、より一層、全身のどこにどんな病気が出てくるのかその範囲は非常に広いものとなります。

血液の障害は臓器や血管に及ぼす物ばかりではなく、血液の流れが抑制されてしまう、届きにくくなることから神経症などの重篤な疾患を引き起こすことにもつながるのです。
傷が治りにくい、靴擦れが起きやすい、しびれるなどの症状から始まり、ひどくなると血行障害と免疫力低下から壊死という状態となり切断を余儀なくされることもあるのです。
糖尿は全身に症状が及ぶという事を良く考慮し、血糖コントロールをしっかり行う事が、こうした様々な障害を予防する事にもつながります。