糖代謝異常

運動する事が糖尿病予防に繋がる

糖尿病の治療は食事、そして運動療法が基本となります。
バランスの良い食事をすること、また糖質制限などを行い運動療法と同時に治療を行っていきます。
このうち運動療法は筋肉を利用しエネルギーを利用することで血糖の降下作用が得られること、またインスリン抵抗性の原因を無くすことにつながります。

運動を行うと筋肉を利用するに当たり大量のエネルギーが必要となります。
そのため、血液中のブドウ糖をたくさん消費する事が出来、血糖値を抑制してくれるのです。
食後2時間くらいの間に運動を行う事で血糖値の上昇を抑制する事が出来るため、運動はとても大切な事なのです。

またインスリン抵抗性については、2型糖尿病の方に多くみられることで、インスリンの分泌が少なくなってしまう状態です。
運動を行うと血糖コントロールができると共にグリコーゲンを貯蔵します。
運動量が少なくなるとブドウ糖を取り込む力が弱くなってしまうため、インスリン抵抗性を招いてしまうのです。

食事療法と共に運動を行う事で、血糖コントロール、インスリン抵抗性を弱めるという働きを利用し、糖尿の症状の改善を行うのが糖尿病の基本的な治療となります。
これにプラスし、血糖値やそのほかの数値を考慮しながら医師が薬物療法などをプラスしていきます。