糖代謝異常

糖尿病の対応に注射が使用されるのは何故

糖尿病の治療の中に、インスリン注射があります。
多くは1型糖尿病の方、つまりインスリンの分泌が行われない糖尿病に関して行う治療で、インスリンを体内に入れ糖代謝ができるようにする治療です。
2型の場合も、高血糖状態が継続し合併症の危険性があるなど医師の判断によってインスリン注射を行う場合があります。

注射というと何となく恐怖感を持つ方も多いでしょう。
インフルエンザや小学校の頃などに行った注射とは全く違い、現在のインスリン注射は見た感じ、全く注射器とは思えないような形状ですし、ハリも長くありません。
ぱっと見た感じ、ペンという印象です。
こうした形状の注射器が出るまでは専用の入れ物に入れて注射針をつけてインスリンを注射するという事が必要でしたが、ペン先に注射針がついているようなものなので、深く刺す必要はなくちくっとするだけで痛みもそれほどありません。
針がとても細く昔よりもずっと痛みが少なくなったといわれています。

インスリン注射は種類があり、超速効型・速効型・中間型などがあり、糖尿病の状態によって医師がどのようなインスリンを利用するかを判断し、注射の指導を行い摂取します。
インスリン注射を打つところはお腹や太もも、腕などです。
糖尿病でインスリンが分泌されない1型の方の場合、この注射がとても大切なものとなります。
しっかり利用しインスリン不足から昏睡などを起こさないようにきちんと打つようにしましょう。