糖代謝異常

体重減少は糖尿病のシグナル

糖尿病というと肥満の方が鳴る病気と考えている方が多いです。
生活習慣病やメタボリック症候群との結びつきが非常に強い2型の場合、確かに肥満の方がなりやすい病気といえます。
でも、体重が減少するという方もいるのです。

血糖値が高くなり始め、つまり糖尿病初期段階や境界型の場合、肥満状態の方が多いです。
糖尿病の状態になるとインスリンの働きが鈍くなり、血液の中の糖をうまく体内に取り込めない状態となります。
この状態になると自己防衛反応によって、身体は勝手に栄養不足だと認識し、食欲が異常に強くなったり、喉が異常に乾き水分を欲するようになるのです。
この状態では体重が増加し、肥満状態になります。
この状態で血糖値が高いという事に気がつけば、食事療法や運動を行う事で糖尿の状態から脱する事もできます。

ここからしばらくすると体重が減少し始めます。
人によってはかなり急激な体重減少です。
どんなにたくさんのものを食べても、栄養素をうまく取り込めない状態なのですから、臓器や組織などにうまく栄養が行きわたりません。
栄養不足という状態になり、その上、動くために糖以外の栄養分まで利用するようになるので、いくら食べても体重が減少してしまうのです。

糖尿の症状がかなり進むとこうした体重減少の状態となります。
たくさんの食事をしているのに体重が減っていく、喉が渇くという状態の場合、糖尿を疑い病院を受診する方がいいでしょう。