糖代謝異常

ペットボトルが大好きな人に糖尿病の危険

ペットボトル症候群は、清涼飲料水ケトーシスとも呼ばれます。
糖尿病の方は、ケトアシドーシスになる事がありますが、通常ケトアシドーシスを起こすというと、インスリン分泌がほとんど行われない1型糖尿病の場合に起こる症状で、脱水や意識障害などを起こすこともあり、とても危険な状態です。
2型の場合、インスリンの分泌が少なくもあるので、ケトアシドーシスを起こすことはありません。

でもここ数年、実は2型糖尿病の患者さんでもケトアシドーシスを起こす方が多くなっているのです。
それはなぜか?というと、原因は清涼飲料水にあるようです。
現代の日本の夏は暑いです。
そのため夏場は熱中症対策としてこまめな水分を摂取するようにと言われます。
水分を摂取する場合、お茶やお水などの無糖で味のないものが好ましいのですが、中には水分を摂ればいい!と清涼飲料水をばかりを多量に飲んでしまう方も多いのです。

また夏場ではなくても糖尿病と気が付いていない方の中で、糖尿の症状である喉の異常な渇き、尿量が増えるなどから水分を異常に欲しがることがあります。
この状態でお茶やお水ではなく糖分がとても多い清涼飲料水を多量に飲んでしまう事でペットボトル症候群、いわゆる清涼飲料水ケトーシスを起こしてしまうのです。
清涼飲料水はおいしいですし好きな人は本当に好きですが、水分を摂取するという事に関しては、味のないもの、カロリーのないもの、糖質、糖分の少ない物を選択するということが重要です。