糖代謝異常

糖尿病にも初期や末期の症状がある

サラリーマンの場合、企業で健康診断等を行います。
最近は生活習慣病などに強く注目している企業が多いので、血糖値が高いと必ず病院で再検査するようにと強制的に病院へ行かされるという場合も多くなっています。
ここでしっかり病院へ行き、食事や運動などを行い生活習慣を改善する事が出来れば、大きなことにはならないでしょう。

糖尿病の初期段階ではほとんどといっていいほど自覚症状が起こりません。
だからこそ、糖尿病は厄介なのです。
初期段階では尿や血液の検査によって血糖が高いという状態を把握するしかないのです。
血糖が高い状態が継続し、数年すると、やっと症状が出てきます。

喉の異常な渇き、水分が欲しくて仕方ない、たくさんの水分を摂取するのでトイレが近くなり眠れない、食欲が旺盛でたくさん食べるのに痩せてきた、何をしても疲れてしまう、手がしびれるなどの症状が起こるようになると、糖尿の状態もかなり進んだ状態です。
末期となると糖尿病の恐怖、合併症のリスクが格段に高くなります。
腎症・網膜症・神経症などの合併症リスクが高くなると共に、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を併発する事もあるのです。
そうなる前に、やはり健康診断等でしっかり状態を把握し、初期段階で治療を開始する事がこの病気の一番の解決策なのです。