糖代謝異常

薬での治療が一般的な糖尿病

糖尿病の基本的治療は食事、運動です。
これに加え医師が必要と考えれば、薬物療法を行います。
この際に利用する糖尿病の薬物療法はインスリン分泌を促進するもの、糖の吸収を穏やかにするもの、インスリン抵抗性を改善させるものなどです。

スルホニル尿素薬はインスリン分泌の働きが弱くなってしまった方に利用するもので、インスリンを分泌するβ細胞に働きかけ分泌を促進し、インスリンを出やすくするというものです。
この薬は肥満ではなく食事療法や運動療法が出来る、でもインスリン基礎分泌量の改善が見られない方に利用されることが多いお薬です。

インスリン抵抗性改善薬や、インスリンの血糖を下げる働きが十分ではない、つまり金スリンの効きが悪い状態の方に処方されるお薬です。
インスリン抵抗性がある方の多くが肥満タイプという事で、肥満であり糖尿病を発症したという場合に処方されることが多いお薬です。

血糖の吸収を穏やかにするα-グルコシダーゼ阻害薬は、食後の高血糖を抑制するお薬です。
食後は通常の方でも血糖値が高くなりますが、糖尿の方はその上昇がかなり大きいのでその上昇をタイミングよく抑制してくれるお薬です。
運動も食事も頑張っているのに食後高血糖という状態の場合このお薬を利用します。