糖代謝異常

糖尿病をコントロールしていくには

糖尿病は合併症が怖いということが少しずつ浸透してきています。
腎症・網膜症・神経症が糖尿の三大合併症といわれていますが、この合併症にならないことが重要なのです。
合併症は糖尿末期の状態です。
この状態になるまで放っておけば、最終的に脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気や神経障害から壊死、更に切断に至る事もあり得ます。

糖尿である血糖が高いという状態がわかっているのですから、血糖を出来る限り下げる、安定させるという事が重要な治療となります。
そのための基礎が日頃の食事、運動です。
血糖がどの程度なのかによって、糖尿病の運動療法や食事療法にプラスして薬物療法がおこなわれますが、基本は食事・運動です。
お薬を飲んでいても食事や運動が中心の治療となります。
血糖コントロールの為には面倒でも嫌でも、この基礎的な治療が必要となるのです。

糖尿病の治療はバランスのいい食事と運動が中心となりますが、血糖が高い状態であれば炭水化物摂取制限などを行い糖質制限食を指導されることもあります。
糖質を制限し高血糖となる要素を減らしていくのです。
そこに加えて運動を行います。
運動はインスリンの分泌を促進してくれます。
食事療法をしても運動療法を行ってもインスリン分泌が促進されない、高血糖となってしまうという場合には、薬物療法をプラスしお薬によって血糖を低く、インスリン分泌をよくしながら運動と食事によるコントロールを行っていきます。