糖代謝異常

糖尿病性昏睡の末期の状態とは

糖尿病は何が怖いか、というと「合併症」です。
糖尿病と診断されても特に大きな症状がない、私生活に支障がないということで今までどおりの食事・運動を継続していれば、糖尿の症状は進みます。
糖尿病が進行すれば様々な合併症がおこりやすくなるのです。

糖尿病の三大合併症は腎症・網膜症・神経症です。
この他にも、血管が弱くなることによって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気になってしまう事もあります。
おおむね、糖尿病の血糖コンロトールを行わずにいた場合、10年くらいで三大合併症や心臓・脳などに病気を引き起こすといわれています。

特に糖尿も末期となると糖尿病性昏睡を引き起こす可能性も出てきます。
旧姓合併症などによって著しい高血糖状態になると昏睡状態を引き起こします。
1型、また2型の方でもインスリン注射を打っている方でインスリン注射を忘れてしまったなどの場合も、インスリンが絶対的に不足し細胞の中の糖が欠乏状態に陥ります。
この際、糖を得ようと脂肪酸からエネルギーを得ようとするため、その副産物としてケトンという物質が発生します。
このケトンがケトアシドーシスを引き起こし意識障害や腹痛などを引き起こし最終的に昏睡状態に陥ってしまうのです。
こうならないように、糖尿の方はインスリン不足にならないこと、食生活や運動など医師の指示のもとしっかり行い、血糖コントロールを行う事が必須なのです。