糖代謝異常

血糖増大が引き起こす糖尿病の怖さ

糖尿病は血液内の血糖が高い状態です。
糖尿病の治療において、この血糖値を高くしないこと、うまくコントロールする事がとても重要なことになります。
血糖増大となると、合併症リスクがかなり高くなります。

糖尿病となってから血糖値が何らかの関係で増大した場合、ケトアシドーシスなど意識障害を引き起こす要因となる事もあります。
急激に血糖が増大した場合、頭痛や吐き気、意識混濁、最終的に意識不明となり死に至る事もあるため、血糖の急激な増大には注意が必要です。
ケトアシドーシスは1型の方がなりやすい状態です。

1型の場合インスリン分泌が行われない糖尿なので、インスリン注射をしなかった、忘れてしまったという場合、こうした状態に陥る可能性が出てきます。
2型の場合この状態になる事は少ないのですが、清涼飲料水を大量に飲んだりすると、こうした状態に陥る可能で胃も出てきます。

血糖増大の期間が長く続けば、こうした急激な体の異変を感じることにもなりますし、長い時間継続されれば、当然合併症リスクが格段に高くなります。
三大合併症のほか、脳や心臓にも影響を及ぼす可能性が出てきますので、血糖増大させないという事が、糖尿病の治療には不可欠な事となるのです。
どのような行動で血糖増大となってしまうのかという事を、しっかり理解しておくことが必要です。