糖代謝異常

糖尿病で一番恐れられている合併症とは

健康診断等で血糖が高いという事を言われてびっくりされる方も多いです。
というのも、糖尿病は、初期段階で症状が出る病気ではなく、高血糖状態が長年継続してやっと自覚症状が出てくる病気だからです。
異常に喉が渇きトイレに行く回数が多くなり、腕のしびれなど神経症状が起こり始めてから受診し、糖尿という診断を受ける方も少なくありません。

高血糖状態を放置してしまうと、合併症の可能性が出てきます。
糖尿病の三大合併症というと、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害があります。
この他にも脳梗塞や心筋梗塞など血液・血管にかかる全身症状が出てくるので、糖尿は侮れないのです。

腎症は腎槽に障害が起こります。
糸球体という腎臓の組織に障害が起こり腎臓機能が低下し血液に老廃物が多くなってしまいます。
糖尿からの腎臓障害は透析になる確率が高いといわれています。

神経障害は、知覚神経・運動神経・自律神経に障害を引き起こします。
身体の機能や感覚が鈍くなるほか、手足のしびれや立ちくらみなど末梢神経伝達障害が起こることで知られています。
神経障害が施行すると体の痛み、逆にマヒによって無痛になり心筋梗塞や低血糖が起きやすい、末期ともなると昏睡状態となります。

網膜症は目の網膜という部分に障害が起こります。
血糖が高い状態が継続し毛細血管に障害が起こる事で目の血管の出血が起こるなどし、最終的に網膜剥離となり、最悪の場合、失明に至る怖い合併症です。