糖代謝異常

糖尿病はインスリン不足が引き起こす

インスリンというのは膵臓のランゲルハンス島という部分から分泌されるホルモンです。
血糖値を下げるホルモンというのは、インスリン以外にはないため、糖尿病とインスリンはとても深い関係にあります。

食事をすれば糖尿ではない人も血糖値が上がっていきます。
身体は食事によって高くなった血糖を感知し膵臓からインスリン分泌を行います
分泌されたインスリンは細胞膜内のインスリン受容体が結合し細胞内にブドウ糖が入っていけるようにします。
つまり、インスリン受容体はドアの鍵穴のようなものです。
細胞膜のドアを開けないとブドウ糖が入っていけないので、インスリンという鍵がインスリン受容体の鍵穴をこじ開けることでドアが開き、ブドウ糖が細胞内に入っていくことができるのです。

ブドウ糖というエサをもらった細胞は元気よく活動できるようになりますし、細胞内にブドウ糖が入っていき血液の中に少なくなっていくので、血液中の血糖値も下がっていく、という事になるのです。
こうしてその仕組みをしっかり理解すると、インスリンが糖尿病にとってとても大切なキーマンとなっていることがわかります。
血糖値を下げ糖尿病を予防、若しくは改善するため、インスリンはなくてはならない、必要不可欠なものなのです。