糖代謝異常

インクレチン効果って糖尿病とどんな関係

糖尿病の基本治療は食事と運動となりますが、必要に応じて医師が薬を処方します。
お薬はインスリンの分泌を促す物や血糖コントロールを行うものなど色々な種類があり、飲むもの、また注射によって体内に吸収させるものなどがありますが、生活習慣病との関連性が高い2型糖尿病のお薬について、インクレチン様効果のある関連薬が注目されています。

インクレチン関連薬というのは、膵臓のβ細胞のインスリン分泌を促進してくれるお薬で、現在研究が進められているお薬の一種です。
GLP-1とGIPがありますが、特に2型糖尿病の患者さんにおいて生活習慣の改善、つまり食事内容の見直し、積極的な有酸素運動などを行っていくとインスリン分泌促進ホルモンのGIPの数値が改善されていくという事がわかっています。

そこで、このインクレチン関連薬を利用し、運動療法を行った場合と同じようにインスリン抵抗性を抑制し、インスリンが出やすい状態にできると考えられています。
勿論、お薬だけに頼ることなく自ら積極的に有酸素運動を行いインスリン分泌を促すことが必要ですが、なかなかインスリン抵抗性が弱くならないという方にとっては、理想的な糖尿病薬となると期待されています。
こうしたお薬も利用しながら、血糖コントロール、インスリン抵抗性の抑制を促進していきたいものです。